行きたかった所に、タイミングよく、行けるようになったり、人との別れの機会を図る事ができるようになったりしています。

夫美子さん、スタッフの皆さま、いつも、ありがとうございます。

当日は、1日で、体験が多かったせいか、サイコヒまでに、集中する事ができず、いつも着るTシャツを着忘れて、普段の服装で寝ていた事に朝気が付きました。

レポートにあったように、体験の後のグランディング(自分に最適な方法を探します)が大切だと感じました。

午後、エイトスターダイヤモンドさんの土曜会に出席していました。会場の本棚に夫美子さんの本を見つけて、少しは、意識を向けていられたと思います。

5時過ぎは、帰宅途中で、電車の乗り継ぎも順調で、買い物をして、帰りました。

近所の盆踊りを無理すれば見に行けたのですが、やめることができました。(いつも、休憩をとれずに、体に無理をさせていました)

朝食後は、お水と、5時頃に乾燥イチジクを食べて、7時頃、お味噌汁を飲んだ程度だったのですが、お腹が空いた感じはありませんでした。それでも、腸は、グーグーと動いていました。ヒーリングと波動調整のおかげだと思いました。

9時40分位には、布団に横になっていました。視覚的には、いつもと同じ感じでした。体は、温かく感じていました。(最近は、普段から、手が温かく感じられるようになっています)胃腸の不快感や体の痛みは、気にならず、時々夢か何かを見ていました。

10時30分前に、一度目覚め、その後はまた、眠っていました。

2時、3時と目覚め、4時過ぎには、眠るのをあきらめて、布団の中で、1日の体験(楽しかったり、失敗した事など)を思い出していました。グランディング不足と波動摩擦でしょうか…

最近の体験は、行きたかった所に、タイミングよく、行けるようになったり、人との別れの機会を図る事ができるようになったりしています。

自分の体が、外からの刺激?に敏感だという指摘を2人から受け、刺激物が苦手だったり自覚症状もあったので、家族に合わせたり、家族に強要するのではなく、工夫をできるようになってきました。

生理現象に関しては、後回しや…数年前は、もっとひどい状態に自分を追い込んでいて、体調を崩したので、今は、すぐに行くようしていると、少しずつ、許せるような…許可しているような…感覚で、楽しくというか締め付けが解かれていくようで、気持ちにゆとりが出てきたみたいです。

人に言われていても、納得できないと、悪いと思っても、やってしまうので、その辺りをもう少し、探ってみたいと思います。

(子供の頃、人さらいがいるから、少し離れた公園に行ってはいけないと言われていたのに、出かけて行って、危なそうな高いところに登ってみた景色が、今でも、広くて見渡せて、感激したのを思い出しますが、その事も関係あったのかなと…)

思い返すと、無鉄砲な所が多く、見えない存在にも、色々と助けていただいていたという思いが強かったのですが、すぐ調子に乗ったり、依存的になりやすく、動画を拝見して、思い当たった親族の方々に、今回のお盆で、自分なりに、きちんとした祈りをささげる事が出来ました。

英霊の件に関しても、完璧にはできなかったのですが、心の中では、整理することもできました。本当に、ありがとうございました。

あと、家族に話すと心配されるような不思議な体験を、まだ、自分の中で、完全に整理できずにいます。でも、ワーク等で、文字や言葉にするとよいとの事で、それもできるようになってきて、だんだんスッキリしてきてはいます。

1週間を振り返ってみて、「私は、ゆっくりなんて、してられないんだ」という思いに縛られていて、反動で、だらだら過ごすの繰り返しでした。「やらなくてもいい」と思うと「ホッとする自分」もいたりします。以前は、なんだか、孫悟空の頭の輪っかのように、キリキリと締め上げているようにも感じていましたが、色々と調整できるようになってきていて、気が付けば、家族との関係性もだいぶ改善してきました。(実家の家族もです)

どこででも、私のいる場所が、故郷だという思いもありますが、まだ、安心していられる居場所がないとも、感じています。

子供の頃、引越しして、家に帰りたいのに帰れない夢を見ていました。気が付けば、今いる場所は、神社があり、セメント会社や古い下町の家に似ていて、配置は違っても、よく似ています。

去年のFacebookで投稿があった福島の話題は、私にも思い当たる事がパズルのピースのようにあります。

長文になりました。

また、何かありましたら、メールいたします。

最新記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
© 2019 Copyright FUMALHUT All rights reserved.