3月20日春分

  • テーマ概要

  • ​レポート一部

​​<テーマ概要>

昨年から伝えられて来た「日本の再誕生」は、私達魂にとって、これまでの転生で得た力と知恵を総動員して進む時となりました。

世界中が大混乱の中で、心の奥深くに息づいているとても静かな感覚。

それは、「この時」を知っている魂であると言うこと。

 

今ここでどうすれば良いか?

思いつく限りの手を打っても、それが正しいのか間違っているのか、未来へ進まなければ分からない、手探りで進むような今です。

 

この春分は、これまでのすべての経験を土台に、未だかつて無い大きな世界に向かって開かれます。

魂にとっても、このような時を超えて行くことは初めてのことになるでしょう。

春分の大シフトを使い、明らかにする魂の本質とは?

​​<レポート一部>

日本はもうすぐ桜の季節ですが(3月20日現在)、桜が咲くと日本列島がお清めされていく。 

木花咲耶姫の浄化が進むそうです。 

お花見、是非して下さい。

宴会とか飲み会じゃなく、花を愛でて。

桜の木のそばに行くと体が冷えると言われますが、桜の木のそばに行くとコロナが封じ込められると今聞きました、本当かな?

そう言われているんだからそうです。

 

「桜の木を見よ 

桜の花を見よ 

桜は日本の守り 

ソメイヨシノは木花咲耶姫の化身

たった一つの遺伝子 

木花咲耶姫のクローンのようなもの

 

桜を楽しめよ 

桜に癒されよ 

桜が日本を清めるぞ 

桜のそばに行き、気を託せ 

桜は人から邪気を飲み込んでいる

 

邪気を清め、邪気を払う木ぞ

 

どんな邪気も桜は厭わず飲み込んで祓っていく 

それがあの美しい花の姿になる

人の邪気とは美しいものじゃ」

 

国常立尊

 

なんと、そう言うことでしたか。

日本列島が桜で満開になりますように。

・・・・・

一部公開はここまで