レポート

2018年8月26日
満月のフルフィルフロー

寺尾夫美子

2018年8月29日

冒頭より一部のみ公開

​参加された方にはメールにてご案内をお送りしました。

皆さんこんにちは。

寺尾夫美子です。

 

26日:満月のフルフィルフローのレポートをお伝えします。

 

当夜は綺麗に晴れて、東京はとても美しい満月でした。

光の具合が、いつもより黄色く金色がかっていたように思います。

7時半丁度に始めました。

 

フルフィルフローを送信した世界は、とても静かな空間です。

 

さあ始めよう! とエネルギーを整えると、まるで掃除機で吸い取られるみたいに、体がくるくると螺旋を描きながらどんどん大地から離れていきました。

私は、あ~~れ~~みたいな、スーーーーーーーッッッッと上昇に身を任せました。

とても速度が速く、空間にエネルギー摩擦が生じ、マゼンダピンク色の光が私の周りに起きていました。
一気に地球外まで出ましたが、まだ同じ次元です。

今回はここで?

と思うや否や、周りがスッパーーーッッと、まるでビッグバンみたいに光って、一気に次元が変わりました。

 

すると、周りに見覚えのある顔がずらりと現れて、みんなテレパシーで挨拶をして来ます。

やあ、久しぶり。

よく上がって来たね。

この頃良い調子みたいだね。

などと、みんなニコニコしています。

取りあえず、ここからフルフィルフロー開始。

 

さらに上の次元の導き手から降ろされてくるフルフィルフローが、また改めてとてつもなく気持ち良く、まずは皆さんにシャワーの様に注ぎました。

すると、周りに集まって来ていた見慣れた顔の存在達も、一緒にフルフィルフローを送ってくれています。

なるほど、私のグループソウルのようで、どの顔も私自身であり、転生を共に進んで来た同一魂でした。

フルフィルフローは、私の源の存在からもたらされる高波動のエネルギーであり、このエネルギーを繋ぐのは源から分身したグループソウルであることは間違いの無いことです。

 

皆さんにフルフィルフローを送り始めると、皆さんからいつものようにたっぷりの邪気が吐き出されてきました。

皆さん、またたくさん取り組んでたくさん体験して、たくさんの気付きを得たのですね。

この邪気出しは、かなりの間続きました。

地上の皆さんは、恐らく随分お疲れなのでしょうね。

どんどん元気にな~れと注ぎ続けました。

 

ようやく邪気が収まり、全体的に柔らかなエネルギーに変わったので、いつものように染色体の修復を始めました。

今回もテロメアの回復を促し、免疫力や忍耐力、向上心が高まるように促しました。

テロメアが回復すると、体調不良や病気の改善に繋がり、身体的にもとっても元気になります。

気付きも学びも、真剣に体験に取り組める健康な体があってこそもたらされることです。

 

暫く続けて居ると、DNAの螺旋が見えて来ました。

くるくると螺旋状に動いていましたが、全体的に暗いです。

良く言われる、私達のDNAは殆ど眠っていて、使われていない情報がたくさんあるらしいことから、だからこんなに光っている部分が少ないのか・・・、と思って見ていると、ここにフルフィルフローを注ぐように言われました。

導いて居るのは、どうやら源の存在のようです。

 

DNA螺旋にフルフィルフローをしていると、あちこちで小さな爆発のように光がスパッと光り、次にキラキラとし始めました。

 

このスパッと光ったところは、今回のテーマである「人を信じる心」に関係するところのようでした。

人を信じる心は、性善説から成り立っており、一番のとっかかりの際に、「疑い」から入るのか、「信じる」から入るのか。

この何れかで人間性も魂の力も、大きく違うと言うのです。

​・・・・

冒頭の公開部分はここまで

参加された方には、フムアルフートからメールをお送りしました。

​全文ページのパスワードをご確認ください。