12月30日 満月

  • テーマ概要

  • ​レポート一部

<​テーマ概要>

令和二年の最後となる高次元ワークは、年代わりを目前にした小晦日(こつごもり)の日に行います。

新しい波動階層が次々に開く年を進み、私達は目に見えないとされている多くのことが地上で表せるようになったことを、まだしっかりと実感していません。


それはまさしく目に見えないとされているから。

現実ではないと教えられて来たから。

しかし、私達の国は古くから「そんな気がする」と言う言葉で、気のこと目に見えない感覚のことを示してきました。


その感覚に意識を向け、時間を掛けて感じ入ってみる。

新しい波動階層に躍り出た今は、その注目が、それらを現実のこととします。

地球が新しい波動階層を開き続ける今、新しい生き方が始まります。


私達の転生の意味が明らかになるときを迎えたのです。




<​レポート一部>

満月のフルフィルフロー令和二年。

12月30日始めます。


今日は朝から八ヶ岳は雨で、空一面雲が覆っていましたが、始める前に雲が切れて空が出て来ました。

イメージの中で月を真正面にしてワークを始めました。


令和二年の高次元ワーク最終日、フルマラソンでずっと走り続けてくださっていた皆さん、ありがとうございます。

今日単発で参加して下さる方々は、11時半のスタートを待っているような感じに見えました。


皆さん全員のお名前を確認してワークを始めました。


では、高次元との中間次元に上ります。


猛スピードで中間次元に上がりました。

この移動にスピード感があるのは、時間が遅いと言うことを示しています。


今日は光になるテーマ。

肉体と言う重く粗い固い波動の体を保ちつつ光になるために、時間を使って波動を開いていく。

波動は瞬時に変わっても、体にありながらその波動階層を捉える。

そのための時間が「今このぐらいですよ」と示されたように感じました。


中間次元は、今日は今まで見たことのない黄緑色と言うか鶯色と言うか、エメラルドグリーンの薄い薄い色、薄い翡翠の色のような空。

そこに浮かんでるような感じがします。


目の前に月読命が、艶然と光を棚引かせているような感じで見えています。

神様が棚引いて見えるときは、時間の枠を外して導いて下さっているときであると、前回瀬織津姫に教えてもらいました。

今日の月読命の姿も光で棚引いて、時間の幅を持っている、時間に捕らわれていない存在ってこう言う感じなんだなって言うのが分かります。

とにかくもの凄く美しいです。


相変わらず鎌みたいな剣を持っておられます。


さて、皆さんの地上の波動は、キラキラキラキラと煌めいて「待ってますよー準備できてますよー」と伝えている感じです。

キラキラ光っています。


では、早速今年最後の陰陽調和始めます。


綺麗な球体の光が現れました。

光が、内側から外へ外へと波紋を広げている金色っぽい白い光です。

これはもう陰陽調和が成っている光ではないでしょうか。


ここに皆さんの陰陽調和を入れて行えば良い感じがしましたので、ではこの球体の中で皆さんの陰陽調和を行います。

ワークに集中します。



(ワークに集中)



チクチクと、ちょっと小さな・・・、何ですかこれは?

チクチクチクチク、針とは言わないけれど、トゲでもない、何かとってもちっちゃいチクチクがいっぱい出て来ます。

と言うか、ちっちゃいじゅくじゅくに覆われている皆さんの集合波動。

が、ちょっと、陰陽調和を中断して、これを祓い清めます。


何なんでしょうか、このチクチクは、意味は?

今年は思うことが全部出来なかったような、苛立ちのような・・・?

いや、そんな長期に渡っての苛立ちじゃないですね、今ですね、今日。

何か落ち着かないなーという感じですかね。

やっぱり今だけと言うのではなくて、今年はコロナ感染パンデミックによってストレスの多い1年でしたから、細い自覚のないストレスを含めて、何に苛立っているのか何に怒ってるのか何が不愉快か、何か分からないまま次第次第に波動を落とし光を曇らせ、イラついていることにも変わりない状態のように感じて分かってないような・・・。

これがこの高波動の球体の中に来ると、一気にうわっと出てきたという感じですね。


祓って清めて陰陽調和して、祓って清めて陰陽調和して、これを繰り返しています。

ワークに集中します。



(ワークに集中)



とってもたくさん出て来ますが、祓うのも直ぐ、清められるのも直ぐ、取っては整え取っては整え、取る度に陰陽調和をして、また出たら祓い、これを繰り返しています。

ワークに集中します。



(ワークに集中)



皆さん今年はイレギュラーな年だったのではないでしょうか?

誰にとってもそうだろうと思いますが。

収入・経済的なことは勿論のこと、仕事の仕方や日常のルーティンワークなどが全部イレギュラーになった年ですから。


サバイバル力を随分使った方も多いようですが、先の見えない世界でどこにどうサバイバルするのか、それも定かではないのがストレスの一つになっているようですね。

チクチクが出る度にその意味が伝わって来ますので、こうして語っています。

またワークに集中します。



(ワークに集中)



真ん中から光が生まれました。


ラベンダー、藤色がかったピンク色っぽい光。

蓮の花が開いたみたいに見えています。

とても綺麗です。


白っぽい金の水晶の真ん中に、キラキラ光る蓮の花が開いたみたいな情景をイメージしてみてください。

今そんな感じで見えています。


蓮の花は精神の成長を意味するシンボルです。

私がそれをそうだと思っているので、ここに現れた光に精神の成長を感じ取って蓮の花を見ているのか、実際皆さんの光が蓮の花になっているのか、この区別はつきませんかが、双方同意の上の映像ですから、誰にも同じ意味合いを持っているのだろうと思います。

とにかく美しいです。

ですがチクチクはまだ出ます。

ワークに集中します。



(ワークに集中)



たはぁっ・・(笑)

何か、今年のストレス穢れを全部、今日は祓ってしまうぞと、そう言う気合の入った参加者がいるみたいで、その気合いがパシッと届きました。

多くの人がそう言う感じを持っているのでしょうか?

はっきりと、今日全部払うと、・・・みたいな声が聞こえましたね。


まあまあ、全部などと、心意気は良しとして、祓えないのが人の常。

そのように余裕と幅を持って自分を捉えていましょうね。

その方が綺麗に早く綺麗になります。


水晶玉のような光の中から、何か光が、八方に光が光って、星が光ってるみたいな感じで、八方に光ってますね。

この中で陰陽調和をまだ行っています。



(ワークに集中)



月読命が艶然と佇んて、ずっと見守ってくれています。

何をするでもなく、笑うでも怒るでもなく表情を変えず、ただとても涼やかで、相変わらずの超イケメンぶりの美しい顔立ちがスーッとしていて、こちらをじっと見ている。

眺めるでもなく注目、凝視するわけでもなく、でも間違いなくこちらを導いて下さっている目を・・・。


何か急に光のトンネルが上から現れて、真っ直ぐ光のトンネルに上がって行きました。

陰陽調和のワークをしながら、水晶のような光と一緒にググっと吸い上げられています。


上の次元に行くみたいですね。

何ですか、これは。



(上昇中)


・・・一部公開はここまで