悲しい病も抜けました。身体も軽く感じます。動ける(行動できる)感覚が戻ってきたように思います。

モニター回から参加のマラソン組です。 今回も、ありがとうございます。 夏至の回のあと、父が亡くなり、7月の二回目の際には、感想が書けない状態でした。気持ちとか感受性とかの感覚的なことが無感覚な状態で、夢うつつにいるような日々でした。ただ、悲しみはあらゆることに感じていて、身内の死を、生きる悲しみや現実の些細な現象にフォーカスして映していたように今は思います。そんな悲しみにフォーカスした夢うつつが抜けたと感じたのは、新月の日の朝でした。 午後には、涙がつらつらと流れ出たり、妙に悲しいのぶり返しはありましたが、自分の意識を取り戻した感じがあり、気分的にラクになったように思います。 今回も、前半は半睡眠、そのあと寝落ちのパターンで、10時40分頃にいったん目が覚め、その後は朝まで寝ました。父が亡くなった頃からか、睡眠時間は足りているはずなのに、寝が足りていないような気がしていたのですが、今朝はよく寝た感じがしました。そして、悲しい病も抜けました。身体も軽く感じます。動ける(行動できる)感覚が戻ってきたように思います。 自分に関する情報が、朝から続けて入ってきたり、行きたい所(行くべき所)が分かったりしています。 自分の状態が把握できて、調整できるようでありたい。 今、そういう思いでいます。 夫美子さんのコヒーレントワークに参加できてよかったです。 参加できていることの意味を自覚して、先へ進みたいと思います。 次回もよろしくお願いします。