新しい体になっていました。

夫美子さん、みなさん、今回のマラソンのサポートをしていただきありがとうございます。 何から記していいやら、さくっと思い返してみても「ああ、あれもこれも心地好い新しさに溢れている」と感じることばかりです。 前日までぐわんぐわんと翻弄し、自分に集中することに必死で日常を送っていたのに、夏至の日は朝から清々しく、起きた瞬間にどこにいるんだろう?と思ったほどの違いがありました。たった半日前のことなのに、全ては遠い昔のようにも感じました。 13:24には横になり目を瞑っていました。遠くで赤児の声がし、大丈夫だな、と思った瞬間に「ああ、夏至だな」と体の表面を風がさーっと吹いて行きました。そのままおそらく30分ほど眠っていました。起きた時には赤児はとお~くにハイハイしていました。 その後は時々無性に暑く感じ、まとわりつく衣服を着ていられない状態になりました。 そして、夕方にはだるく重く、もう動きたくないという状態になりました。 通常は19時には子供達と一緒に寝てしまうのですが、昨日はその時から目が冴えてしまいました。(前日までのここ3日はそのまま早朝まで爆睡の日々でした) 21時過ぎには床についたものの、目を閉じてもピカピカした光が入ってきます。周りは真っ暗にしていたのですが、そして、ああ、近づいたなという感覚が体を通り抜けて行きます。頭も足も体を突き抜けて何処か外へ、もっともっとと伸びていく。 そして今朝、新しい体になっていました。 起きた瞬間、体が無い周りとの隔たりもない、滞りのない私が確実に存在している感覚。同時にどこにこの私はいたのだろうと今思うと感じていたのではないかと思います。 実際の体は膝がさらにコロンと正面を向いてにっこりしています。そして私が必死に追い求めていた健康が鏡に映る私でありました。 全身全霊が私である揺るぎないこの感覚が嬉しく愛おしく、何をみても何と接していても全身全霊がそこに集中している。 ああ、これから何をしようかしらと先ずは深呼吸するところから瞬間がはじまりました。 時折、く~っと嬉しいような悲しいような感情か何かがこみ上げます。きたきた~と思うと、しゅ~っと穏やかになるという状態が時々あります。その都度、深呼吸が訪れます。 とてもとても軽やかです。 ============================== 寺尾夫美子 新しい体の実感を覚えられて素敵ですね。感情のリリースが頻繁なのはリエゾン効果ですね。どんどん深い部分から出始めますよ。