サイキックコヒーレント2019
5月5日新月
レポート<一部>

​2019年5月11日 寺尾夫美子

遠隔ヒーリング

 

午後2時40分頃から行いました。

令和元年の初遠隔ヒーリングです。

 

爽やかな薄青緑色の光が降りて来ました。

今の地球が振動している波動領域の色で、「この色の中に私達が居る」と導き手から教えられました。

 

その薄青緑色の光は、太い管のように螺旋を描き、皆さんに光を送っていました。

よく見ると、やはり龍神様。

令和の幕開けに祝福を送られている龍神様でした。

 

今日のテーマは「純粋な願望を叶える」。

龍神様と一緒に皆さんに光を注ぐと、皆さんから小さなビリビリが出て来ました。

このビリビリエネルギーの元は、自己不一致から来るストレスのようです。

 

その自己不一致とは、自分ではこれでいいと思って進んだことが、結果として望む物が得られなかった、欲しかった評価が来なかったなどによるもののようでした。

しかし、皆さんの本体を見ると、実際はそれを望んでいたのではなく、それに至る過程での喜びと、やり遂げたときの達成感なのに、それをしっかりと自覚し捉えられていない。

形ある物で成果を判断したために、自分から離れてしまったような、そんなビリビリでした。

 

今日は日本の祝日「端午の節句」。

偶然重なる祝祭日の意味は、この日の波動と関連しています。

古くから親しまれて来たこの日は、男児の健康と成長を願う祈りが込められています。

 

龍神様からの導きによると、私達日本の民には、天照大神様から授かる「三種の神器」の心があり、勾玉の慈愛と鏡の誠は受け継がれているけれども、剣(つるぎ)で表される勇気・強さ・行動力が萎えている。・・・・

一部公開はここまで。

全文レポートは波動調整、サイキックコヒーレント と続きます。

 

参加された方にすでにお送りした、この回のテーマのパスワードでレポート全文をお読みいただけます。

>​お問い合わせ