レポート

2017年7月23日
新月のサイキックコヒーレントの
ご報告

寺尾夫美子

2017年7月24日

皆さんこんにちは。
寺尾夫美子です。

 

昨日のサイキックコヒーレント新月のワークについてレポートします。

 

まず、昨日は2時少し前に遠隔ヒーリングを行いました。
前回からのマラソン組、今回マラソンに合流した組、そして今回単発の組と、それぞれの組別エネルギー状態をチェックしました。

 

それぞれに体験のアップダウンはあるかと思われますが、マラソンに参加されている方達は、冬至までのロングスパンで参加されているだけあって、エネルギー状態は色々あっても浄化が早くなっているようです。
いずれも、エネルギーを浄化しようとする意識が高まっておられるようで、ヒーリングを始めると古いエネルギーをどんどん放出されました。

 

ただ気になったのは、体力・免疫力が落ちている人が目立ったことです。恐らく今月の太陽フレアの影響かと思われますが、気付かないうちに体力が落ちて居られ、その自覚もなかったのではと思われます。

 

そのため、ヒーリングでは、生命エネルギーの補給と肉体の細胞レベルへのクレンジングを行いました。命のパワーが、かなり充填されたかと思います。
感覚が敏感な方には、急にグラウンディングが強くなった感じがしたり、ずーんと下半身が重くなったような体感があったかなと思います。

 

また、多忙と睡眠不足で肉体への意識が乏しくなっていた方には、逆に肉体の疲労感が実態を持って感じ取られ、急に疲れがどっと押し寄せてきたような感じになったかも知れません。

 

皆さんの波動調整は、夕方の5時過ぎから行いました。
全員を一人一人チェックし、一斉にある程度の波動レベルに上げました。
この間、約1時間。
ここで睡魔に襲われ、眠くて仕方無くなった方が多いだろうと思われます。

 

それと言うのも、まずマラソン組。
取り組みも向上心も継続されていましたが、根気が続いていなかったようです。
前回そこそこ上向きの波動上昇していた人も、今回はスローダウン・・・。やる気はあっても気力が続かない、意識が乏しくなる、気がつくとボーッとしている・・・など、太陽からの磁気嵐によって意識がフェイドアウトし易い期間が続きましたので、それを立て直す意味でも、今日からしっかりと体調管理に努めて下さい。
肉体の力が戻れば、魂本来の上昇速度が取り戻せます。

 

また、波動リエゾンの影響で、体験が継続的に深まって来ていただろうと思われますが、その取り組みへの負担が大きかった方には、波動疲れが出ていたかも知れません。
学び成長するーーと言うことへの力みが入り、やや頑張りすぎてエンストーーのような状態の方がとても多かったです。
肩の力を抜いて、無理をせず、しかし意識はしっかりと持つ。
これが一番難しいですが、自分なりのペースを見付け、上昇しないまでも下降しないようにお願いします。

 

新規マラソンに合流された方々の中には、前回の夏至にも受信して下さった方が多かったのですが、既存のメンバーよりモチベーションが上向きで意欲を持って合流されたことが分かります。
冬至まで5ヶ月、意識を維持して進んでいただけたらと思います。

 

今回の単発参加の皆さんも、前向きな意識を携えての受信だったようです。
今の向上心を、しっかりと心に保ちこれからの成長に取り組んでいただけたらと思います。

 

サイキックコヒーレント本番は、9時半頃から波動レベルの再調整を始め、50分ころから本格送信をスタートしました。

 

今回は、前回とは一段上がった波動レベルからの送信となりました。
前回同様に高波動ゾーンであるには違いないのですが、この一ヶ月で地球の波動が上がった分だけ、送信レベルも上げられていました。
上げられていたと言うのは、導き手に「ここまで上がれ」と導かれる波動レベルが、前回よりも遙かに高次元へ進んでいたからです。
私としては、必死に上がると言うよりは、ふわりと難なく上昇。連れて行かれて驚いたーーと言うのが正しいでしょうか。

 

送信の始めは、皆さんの脳が疲労困憊であることが分かり、まず始めには脳のクレンジングを念入りに行いました。
皆さんがこの数ヶ月、見聞きしてきたこと、考えたこと、体験の最中に味わった感覚など、脳の機能を損なわせるほどの汚れたエネルギーが滞り、脳の光が曇っていました。
一気に洗い流していくと、さらさらと汚れが取れていき、光が取り戻されて行きました。

 

次に、今回のテーマである「魂の矜持」を司っている脳の部位を集中的に高波動で満たしました。
光がどんどん増していく様を見ていて、きっと皆さんは明日から自分を誇らしく思える言動を選んで行かれるのだろうなと思いました。

 

この間、赤紫の光や、青く蛍光する光が風がそよぐように行き交い、とても綺麗なビジョンを見ていました。
この美しい光を眺めながら、皆さんのハイヤーセルフと共に皆さんの脳に高波動の光を送り続けましたが、今回はその光の波動がクジャクの羽のように見えました。

 

そして、この作業の間中、・・・・・ レポートページ全文 に続く

ここから先のレポートは参加された方以外には、非公開となっています。
​参加された方は、メール(7月24日peatixから送付)にてお知らせしたパスワードを入力し、レポートページにお進み下さい。

<レポートページ全文へ>
お知らせしたパスワードを入力してページを表示してください。
7月23日に参加された方で、パスワードを記載したメール(7月24日peatixから送付)が届いていない場合は、ご連絡ください。 
お問い合わせフォームへ

別ウインドウで開きます。