レポート

2017年8月22日
新月のサイキックコヒーレントの
ご報告

寺尾夫美子

2017年8月23日

皆さんこんにちは。
寺尾夫美子です。

 

 

8月22日(火)新月のサイキックコヒーレントのレポートをお送りします。

 

当日午後、2時頃から遠隔ヒーリングを始めました。
これは毎回必ずやるとお約束しているわけではないのですが、皆さんの名簿を受け取った辺りで必要性を感じ行いました。
今回のワークは、どうやらまたもやこれまで以上の高波動領域への飛翔がありそうだと感じ、ヒーリングして置いた方が良いと考えたからです。
このため、感受性の鋭い方には、ここら辺から眠気やけだるさを覚えられたかも知れません。
但し、これはエネルギーが落ちている人の場合で、肉体の状態が良い方にはただ穏やかな気分が続くことであったろうと思われます。

 

夕刻4時半頃から、再び遠隔ヒーリングを始め、5時前には波動調整に入りました。
既に夏至からのマラソン組に加え、大変多くの皆様に参加して頂いていますので、始まりから終わりまで1時間以上が経過しました。

 

夏至からのマラソン組から始め、今回の単発の方で終わりましたが、マラソン組は時間枠の幅があり、肉体的には刺激が長く続いたはずです。

 

この波動調整でひとつ、夏至からのマラソン組の方々の中には、モチベーションが下がっている人が20名近くありました。
この日の受信に向けての意識が乏しくなり、波動の存在が希薄になっていました。
これは、このワークへの関心が落ちている状態で、それは各人の自由ではありますが、波動上昇すると言う意識も同時に薄くなっていることが問題です。
誰のためでもなく、自分自身のために前を向き続けることが今の時代を生き抜く重要なポイント。心の位置がどこにあるかーより、心がどちらを向いているかーーです。
また、受信の体感がないため興味が薄れている方もあるかも知れませんが、毎回お一人おひとり全員の波動を調整し、確実に高次元波動をインストールしています。継続して意識を持つことによって、少しずつ進行するケースもあります。
ぜひ次の秋分まで、日常を立て直し、魂の可能性の方を、光の方へ眼差しを向けられることをお勧めします。

 

本番の送信は、9時半過ぎからじわじわと始まりました。
夕方の波動調整で既に皆さんのハイヤーセルフさん達は、高波動領域で待機中。
この時間に上昇すると、まるで遠足に出かける集合のように、皆さんがニコニコして時間を待っていました。

 

まず最初に、皆さんの波動を上げるワークを始めると、今回は肉体の冷えを改善する波動が投入されました。
夏、猛暑にも関わらず、体が冷えている方が多かったようです。
これは冷房によるものなので、日中冷房の中で過ごす方は、毎日の冷えはその日の内に改善するように以降気をつけて下さいね。要は、湯船にしっかりと浸かり、汗をかくことです。
熱の投入は、各人のクンダリーニの上昇を促した可能性があります。

これにより、チャクラ全体の活性化が起こる方もありますので、大きな体験が訪れたり、肉体的に疲れやすくなったりする可能性があります。
体を労って過ごして下さい。

 

また、お盆を過ぎたと言うのに、霊障持ちの方が多く、この中で、浄霊を担う立場にない方々の霊障が解除されました。神々の計らいで、天から吸い上げられて行きました。
浄霊を担う、親族の霊を抱えている方は、次はお彼岸です。それに向けて供養をして下さい。
ご先祖の供養については、メルマガ>7でご紹介していますのでご参照下さい。

 

今回も龍神様の引率の元、高波動領域でのワークが始まりましたが、今回驚いたのは、龍神様の姿は金箔色。そしてうっすらと乳白色に少しパステルカラーの混じった雌龍神様が寄り添って居られたことです。
それは、雌雄一体となってトルネード状に渦を巻き、金色に輝く光の輪を上昇して行ったのです。

 

ここで龍神が渦を巻いているときは、雌雄龍神一体となっていたことが判明。
雌龍は低波動領域では姿が確認出来ないことは前回分かりましたが、今回分かったことは、エネルギーの渦を起こすときは雌雄一体となっていたことです。
この姿が、上昇を始めたときは金の龍神しか見えなかったのですが、上昇するにつれて雌雄一体となっていたことが分かりました。

 

そして、その雌雄一体となる理由は、次元の壁に穴を空けること。

 

金色に輝く光の輪は、雌雄龍神がそこでトルネードを起こしている間だけ開いていました。
私達一団は、その間隙を縫って高高次元へ突入していきました。
これにより、私達の男性性と女性性の統合が図られ、更なる昇華へと導かれました。

ところで、この金の輪、次元の扉は、多数の皆さんが伝えている「ライオンズゲート」なるものでしょうか? と龍神に問うと、「これは龍神門」だと教えられました。

龍神が、常に時空間を移動するときに開く門で、龍神はこの門を閉じるとも開けるともなくすり抜けているそうです。

今回は、私達のために、単にすり抜けるのではなく、門を開き続けてくれたとのことでした。

 

この高高波動の体験がインストールされたことで、皆さんの魂、霊体には次なるレベルへの昇華が促されました。

日常の体験が、冬至に向けてかなり活発になるかと思われますので、心して進んで下さいね!

 

高高波動領域では、まず皆さんの脳のクレンジングとなる、低波動で抱えている脳の汚れから波動的に離脱する調整を行いました。

脳には、日常の感情的体験から、日々の思考の残骸など、低次元では一度抱えると留まり続ける傾向がありますが、それらの滞りを低波動からの離脱によって解除しました。

知らず知らずのうちに溜まっていくストレスから来る意識の低下を起こす蓄積があります。

その蓄積をヒーリングするのではなく、蓄積している波動から脳を離脱させてしまう方法が伝えられ、行いました。

 

このワークによって、以降、脳からの汚れた老廃物が排泄されてくる可能性がありますので、水をたっぷりと飲み、夜早めの睡眠を心がけて下さい。

 

またこの過程で、皆さんの前頭葉(おでこの下にあたる脳の一部)の活性化が行われていくのを見ました。

皆さんに送られる高高波動のインストールは、私にとっては毎回何が行われるのか分かりませんが、ただただ上からの波動を皆さん一人一人に集中して届ける、まるで「漏斗じょうご」のような仕事をしています。

上から送られる波動が何をするのか、漏斗をしながら見ているような立場です。

今回はみるみる内に、前頭葉が光り始め、おでこがややせり出して来るような感じに見えました。波動を送りながら、皆さんきっと頭痛いだろうな~~と眺めていました。

 

魂が覚醒する過程で、必ずこの行程があります。

今回はこれが促されたようです。

 

すべてが終わると、全員地球の大地に降ろされました。

広々とした草原のような温かで豊かな大地に、誰もが裸足で降り立つ場面が見えました。

締めはグラウンディングーーと、これを日常に定着させるべく、これからは皆さんが日々自分で取り組む番です。

高波動のインストールによって、体験から消えたかに思える過去のストレス蓄積は、波動が落ちると元の蓄積とアクセスすると教えられています。

いかに波動を維持するか、これが地上を生きる私達に課せられた課題だと理解して、自分を大切にしていきましょう!

 

合掌。