レポート

2017年10月20日
新月のサイキックコヒーレント
ご報告

寺尾夫美子

2017年10月23日

レポートは、参加された方へ直接お送りします。

メールの送信は、お申し込みサイトPeatix経由で、または直メールでお送りします。

参加された方で、メールを受け取られていない方は、フムアルフートまでご連絡ください。

レポートの冒頭部分のみ掲載

----------------------------------------

皆さんこんにちは。

寺尾夫美子です。

 

10月20日「新月のサイキックコヒーレント」の報告をお伝えします。

 

まず3時過ぎに、いつもおまけで行っている遠隔ヒーリングを行いました。

全体的に皆さんのエネルギーが落ちていて、お疲れの方が多かったようです。

 

波動調整は、5時半頃から始めました。

毎回、マラソン組から始めますが、6月のマラソンから参加されている方々は、随分安定してきているように見えました。

体験も、恐らく随分進んで居られるだろうなと思います。

ここで言う体験とは、何か劇的な出来事を指しているのではなく、心穏やかに静かなときが多くなっているだろうと言うことです。

この穏やかさこそが、覚醒を叶える状態です。

自分の波動が上がっているのかどうか何で見極めるかと言うと、この心穏やかなときが長く続くこと。その継続が波動の力です。

 

皆さんの波動調整が終わると、白い龍神様が現れ、皆さんを高波動領域へと一旦連れて行かれました。

このとき、いつもならすぃ~っと上がっていくのに、皆さんのエネルギーが重く、龍神様にも重そうに見えました。

このところの日本の行く末を左右するような大きな出来事や選挙を控え、皆さんは自覚のない深い意識の中で心労が溜まっているように見えました。

国政に関心があってもなくても、最近の出来事は晴れやかな心地良さとはほど遠い状態です。

じわじわとその重さを肌で感じて居られたのかなと思います。

そんなことからでしょうか、龍神様は光で出来た底引き網のようなもので皆さんをすくい上げ、ぐっと抱え込んで上昇して行かれました。

 

 

さて、本番は、9時半頃から再びヒーリングと波動調整の見直しをし、10時きっちりから高波動領域へと上昇しました。

今回は、地球の上空へと上がっていくと、「もっともっと上がれ」との指示があり、更に上がっていくと、地球が随分小さく見える位置まで進みました。

高波動領域は、地球からの距離を言っているのでは無く、全体が3次元を越えて見えてくるところですから、ある意味地球が小さくなるのです。

 

「ここで良い」と言われて見渡すと、太陽から太陽系を眺めている位置にありました。

・・・・

----------------------------------------

参加された方は、メールでお送りした全文をお読み下さい。

メールが届いていない方はご連絡ください。>フムアルフート連絡フォーム