レポート

2018年1月17日
新月のサイキックコヒーレント
ご報告

寺尾夫美子

2018年1月21日

レポート 冒頭より一部のみ

参加された方にはメールにて全文ページのパスワードをお送りします。

​メールをご確認ください。 今回も長文になりました。

皆さんこんにちは。

寺尾夫美子です。

 

2018年初の「サイキックコヒーレント」新月の送信レポートをお送りします。

 

今回は、新年初の新月であり、初参加の方もあり、前日から皆さんの期待と意欲がひしひしと押し寄せて来ていました。

ですので、通常は行わない前日遠隔を少し行いました。

またFacebookでは、もっと自分に意識を置き集中して下さいと連絡しました。

ご覧頂いた方には、と言うよりは、お伝えしたいと思った方にはご覧頂いたと思います。

自分に集中することが何に於いてもとても大事なことですので、その感覚を覚えていただけたことには、大変良かったかなと思います。

 

新月当日は、ギリギリまでお申し込みの方があったため、遠隔ヒーリングは夕方の波動調整と一緒に行うことにしました。

ですが、これについても、朝から皆さんの期待と意欲が盛り上がっているのが分かりました。

それ自体は問題ないのですが、やや期待が高まりすぎて緊張状態になっておられる方がありましたので、午前中から不規則に遠隔ヒーリングを行いました。

これは、グラウンディングを強化し、心が平常に戻り、通常の呼吸が出来るようにしました。

この段階まで体が冷えていた方には、ほっと温かくなったかなと思います。

遠隔ヒーリング

遠隔ヒーリングは、夕方5時頃から行いました。

たくさんの方々が、早く早くと言わんばかりに、ぴょんぴょんと跳び上がろうとしている様子に見えました。

また、半数くらいの人達から、日々の心の立ち位置が揺らいでいるので「こんなのでいいのか・・・不安~」と思って居られるかのような、多少の自己否定を感じました。

心が揺らぐのは、自分に真剣だからですよ~~とエネルギーを送りましたので、光が取り戻せたかなと思います。

ここで、のっけから天照大神様がご登場されました。

去年のサイキックコヒーレントでは、本番の高次元に上昇してから、しかも龍神の導きで次元の扉を開けて貰ってから垣間見た天照大神様ですから、私達が既にこんなに上昇していたのかと驚きました。

 

綺麗な光になった皆さんを、ひとまとめにして天照大神様に差し出すと、皆さんの光はじんわりと明るくなりました。

次に、天照大神様の両手から光が流れ落ち始め、するすると全部降ろされました。

皆さんに光が与えられて、体のあるところへ戻されたようです。

 

天照大神様はとても神々しく、白金の光で艶然とされていました。

静かに皆を見守り、力を与えているように見えました。

今年一年をマラソンで進もうとした参加者には、特に、日本の国体を立て直すお役目を担ってくれたら――との祈りがあるようでした。

 

『今年の日本は、生まれ変わる。

今年の日本は、本来の姿を取り戻す。

その為に一つの魂を遣わせた。

この魂は、今日本にあり、国のために動いている。

それがどこに居て、誰であるか、自らの心眼で見極めよ。

この神が選び、役を担わせた魂の、その実を知ることが出来るかどうか、そこから日本人は試されている。

祈れ、祈れ。

誰が正しくて誰が道を指し示しているか、今分からずとも心を清らかにして祈れ。

その先に生まれて来た目的が果たされようぞ。』

 

とのことでした。

 

 

遠隔ヒーリングの段階から、導きの質が高くて、今年の「サイキックコヒーレント」は、また一段上がって重要な活動になるのかなと、既に感じ取ってはいましたが改めて実感したところです。

波動調整

無事に、皆さんの光が増したところで、波動調整に入りました。

まずマラソンの皆さんから。

前日から感じていた通り、皆さんの期待と意気込みは、皆さんの波動にはっきりと表れていました。

前向きで明確な意志を持ち、今年は大きく成長しようと決意しておられる方の波動は、とても力強くくっきりと見えました。

エネルギー的に多少乏しくなっている人もありましたが、恐らく本人が思っているほど悪くない状態です。

説明しておくと、多くの人が、エネルギー不足になってしまったことや、そうした自分の習慣や姿勢に対し、直ぐに自己嫌悪する傾向が見られますが、これほど無駄なエネルギーの使い方はありません。

あえて言いますが、たかがエネルギーが落ちたくらいで、ちょっと悪癖を続けたくらいで、魂の力はそんなに簡単に落ちるものではありません。

エネルギーが乏しいことは、確かに次に進む際の原動力を下げますが、自己否定をしなければならないほど大したことはないと言うことです。

また、自己否定ほど、エネルギーを失い波動を落とすものはないので、絶対に止めましょう!!

そして更に念を押しますが、止めようと決めたのにいつの間にか自己否定をしている自分を発見! そこで、またああーーーーー!!やってしまったーーー!! と、この自虐行為も止めましょう。

やっていることに気付いたら、「あ、止めよ~」と止めるだけのこと。

皆さんお忘れ無く!

 

単発参加の皆さんも同様に、波動が落ちている人もありましたが、人間生きていればそんな時もある―― 程度の浮き沈みです。

懸命に生きようとする思いの方が、エネルギーや波動よりも強く見えました。

これぞ光に進む人達だな~と、皆さんが愛おしくて可愛くて、しみじみしました。

 

ずっと見守ってくれていた龍神と共に、天照大神様のところに行くと、皆さんはまるでつきたての鏡餅みたいに一塊になっていたので、そのまま天照大神様にお供えしておきました。

 

この龍神様は、色とりどりに煌めいていて、どの色も淡く柔らかで、まるで桜貝のような上品さです。

高貴な神様と言うのは、多色の輝きを持っている存在が多いですが、その色はどれも静かです。

あざとい原色の神様は見たことがありません。

真っ赤の龍神さえ、赤は透明で柔らか。

日本の神は皆そんな気品のある色を纏われているな~と改めて思いました。

 

波動調整を終えて、どうだったかとスタッフに聞くと、急激な睡魔に襲われておりました。

がつんと来たと申しておりましたが、直ぐに安静にするように伝えたところ、ほんの数分で劇的に回復しました。

今回は、どうやら強烈になる気がしていたので、ここでFacebookからお知らせし、皆さんには早仕舞いして早々にご帰宅されますようにお願いしました。

帰られた皆さんには、体への負担が緩和されたのではと思います。

​サイキックコヒーレント送信

夜9時半を過ぎたあたりから、導き手達から次々に導きが降りてきました。

10時丁度頃、お供えしていた皆さんをまるでお供物のように掲げ、さて、どこに行くのかと見ていると、全方に丸くなっているまばゆい光が見えて来ました。

そこに向かうと、急に光の世界がパーッと広がり、「よう参られた」と涼やかな声がしました。

天照大神様だと分かるのですが、どこにも姿はありません。

 

そもそも天照大神とは光そのもので、姿を持たないが人間が分かるように人の姿で現れたとのことでした。

天照大神様は男性神との説もありますが、女性性の神に違いないようでした。

 

ここは、光が水平に広がり、まばゆいけれどもあざとくはなく、厳かで美しい光の世界でした。

そこはヒマラヤの上。

下に見覚えのあるマチャプチャレが見えました。

 

何故ここにいるか、天照大神様は日本の神ではないか?と問うと、

ヒマラヤも八ヶ岳も同じ場所。

世界と日本が同じであることは知っているはずだと言われました。

3次元では別の場所ではあるが、5次元では同じ場所。

それぞれが同じであり、同じ姿をしていると。

 

『ここに集まった者達は、これからの日本の調和を担う者。

それぞれが龍神の体の一部であり、皆が揃うことで大きな龍神の体となる。

その為には調和を得なければならない。

日本人は、一人一人は小さな力でも、心を一つにすることで大きな力となる。

​————

冒頭の公開部分はここまで

続きをお読みいただけるのは、1月17日のサイキックコヒーレントに参加された方のみです。

参加された方は、お送りしたメールをご確認ください。