レポート

2018年2月16日
新月のサイキックコヒーレント
ご報告

寺尾夫美子

2018年2月20日

レポート 冒頭より一部のみ

皆さんこんにちは。

寺尾夫美子です。

 

2月16日「新月のサイキックコヒーレント」のレポートをお送りします。

遠隔ヒーリング

今回は午後3時から、いつものように、簡単なヒーリングを行いました。

この遠隔ヒーリングは、このワークにセットされている訳ではありませんが、夜の送信に支障のない状態に皆さんを整えるため毎回行っています。

今回は総体的に皆さん重かったです。

冬の間は、太陽光を呼吸出来る時間が短くなっているため、どうしても基礎エネルギーが不足しがちです。

そのため、体調にも現れている人が多かったのではないかと思います。

エネルギーを送り、出来るだけ皆さんにとっての平均に戻るようにしました。

しっかりと受け取った方には、眠気やだるさが出ただろうと思います。

波動調整

5時丁度頃から、皆さんお一人お一人の波動座標を確認し、それぞれの波動を整えました。

この波動調整は、私独自の方法で行っていますが、まず皆さんの座標を見付け、そこで波動が乱れていたら整え、分散していたらその中から一番高い波動に整えるやり方です。

ここで皆さんから新しい動きがありました。

 

昨年来このワークを行って来ましたが、ここに来て急に抵抗を示す人が出て来たのです。

特にマラソン参加の人に多く、いよいよ覚醒へと加速して来たことを実感されているからなのか、潜在意識の抵抗が現れていました。

 

これは、自覚のないままに、意識の底の無自覚の中にある、覚醒することへの恐れと抵抗です。

例えば、空を飛べるようになる訓練を続けて来て、いよいよこれからは実際に少しずつ飛びますよ~と示されたとき、自分が本当に飛べるのか、飛ぶと言うのはどんなことか、まったく未知の体験に対して急に足がすくむような、このまま訓練をして体が浮いてしまったらどうしたらいいのか分からない・・・と言うような感じでしょうか。

欲しい欲しい、成りたい成りたいと言っていても、それが目の前に来たら急にそうなる自分が想像できない、そうなった自分をどう受け入れたらいいのか分からない・・と言うような不安感です。

壁を越えるギリギリまで続く、超えてしまうまでが怖い。

そんな抵抗が多くの人に見られましたが、それはそれとして、一人一人の一番安定している波動で調整を行いました。

​サイキックコヒーレント送信

夜の9時半ころから、じわじわと再度遠隔ヒーリングを行い、もう一度波動を整え直し、10時から上昇を始めました。

 

さて、今回はどんな導きがあるのかな~と待っていると、・・・

冒頭の公開部分はここまで

続きをお読みいただけるのは、この回のサイキックコヒーレントに参加された方のみです。

参加された方は、こちらからお送りしたメールをご確認ください。