レポート

2018年4月16日
新月のサイキックコヒーレント
ご報告

寺尾夫美子

2018年4月18日

レポート 冒頭より一部のみ

皆さんこんにちは!
寺尾夫美子です。

「サイキックコヒーレント」4月新月のワークについてレポートします。

遠隔ヒーリング

まず遠隔ヒーリングは、午後2時半前から、じわじわと行いました。
今回のエネルギーは、じわじわと伝わって来て、皆さんに対してゆっくり丁寧に浄化が行われました。
今回の浄化は、肉体の浄化のようでした。
高波動を身に受けるには、地上の生活で汚れたエネルギーの放出が欠かせませんが、その中でも波動を下げる要因となっている要素の浄化が中心に行われました。

皆さんは、高波動の光の海の中で行水をしているように見えました。
ジャブジャブと光の中で洗われていく皆さんを見ていると、黒いものがたらたらと流れ出て、まるでお習字の筆を水で洗っているときのように、始めは真っ黒、次第に色が消えていき、綺麗に浄化が終わりました。

黒いものは、この物質次元で生きていれば誰もが持って居る「劣化」と言うエネルギーでした。
炭素系の肉体では当然のことですが、こうやって「劣化」のプログラムが解消されていくのかなと思いました。
綺麗になった皆さんは、次々にふわりと浮上し、段々と波動の層を上昇して行きました。

最後まで浄化が終わらなかったのは、喫煙者の方々だろうと思われます。
タバコの害は、他界してからも残り、霊界への帰還が待たされる原因であり、そもそも成仏しにくい波動状態になります。
波動を落としたいなら喫煙をーーーと言えるほど、強烈に波動を落とすものですから、自力で浄化できない方はお早めに禁煙を達成されるのが良いかと思います。

波動調整

皆さんの波動は、これまでと大きな違いや脱落もなく、大まかに向上心が維持されているのが分かりました。
特に強い向上心を持たなくても、今より前に、少しでもより良くなろう、もっと自分を知ろうーーなど、それぞれの前向きな思いが伝わる波動を示していました。

マラソンの方々の波動は、定期的に見ているので、それぞれの個性と波動の特徴が良く分かります。波動チェック表に記していくと、前回前々回と同じような動きが見付かり興味深いです。

皆さんの波動調整が終わり、出揃った波動の集まりを見ていると、ひとつ気になったことがありました。

それは、無意識の限界感覚です。
多くの皆さんが、自分の可能性に対し無意識で天井を設けていることです。
その天井に、今は届いていないのかも知れませんが、進む先に行き止まりがあるのです。
しかもその行き止まりがあることで、現在を力八分目で良しとする感覚です。

目標が「あそこまで」なら、今はそこそこやっていけば到達するーー。
「あそこより先」は、無謀に思え、そんな先を思う自分は自分を過信してしまうことになるーーー。
そんな意識があるように見えました。

魂の可能性は無限です。
到達不可能な目標を立てる人は少ないかも知れませんが、たくさんの転生を繰り返して来て、今回の転生は未だかつて無い未知の可能性の中を進んでいます。
魂にとっても、その先とは、転生記憶の壁を越えること。
今私達の地球が挑戦しているのも、そんな時代に生まれて来た私達魂も、初めてのことに挑んでいるのです。
何も進まない前から、到達点はあそこら辺~~と、天井を作るのは止めましょう。
進んでみて、そこで限界を見付けるなら、そのとき受け入れれば良いのです。

 

波動調整が終わると、いつもなら高波動領域へとすくい上げられて行くのですが、今回は今居たところでうずうずとしている様子に、本格的に波動が上がり始めると恐れが出たのかなと思いました。

 

これはスクールの皆さんによく見られる現象です。
最初は意欲満々。どんな体験にも真っ直ぐに向き合い、エネルギーを浄化し波動を整えて行きます。
この期間は、重かった心や体が軽くなって行くことが楽しくて嬉しくて、どんどん進みます。
しかし、これは表面的な汚れが取れただけのこと。
ある程度の乱れが整うと、ここから本格的に心の深い部分に横たわっている負のエネルギー放出が始まります。
まさか自分の中にこんな嫌な心があったとは、自分はもっとそこそこ良いところに成長している人間だと思っていたのに・・・・と、自分の幼さ小ささ愚かさにガックリとしてしまうのです。
しかも、そんな自分を捉える心は、エネルギーは乏しくなり、意識は低く、嫌になるほど重く中々浮上出来ません。

スクールの皆さんは、ここまで来るのにおおよそ2~3ヶ月です。
「フルフィルフロー」をジャブジャブに浴びながら、クラスで直にサポートしながら進んでこのくらいの期間がかかりますが、「サイキックコヒーレント」の皆さんには半年から一年かかるのかなと思っているところです。
去年からマラソンしている方の波動を見ていると、どうやら今年に入ってそこら辺に入って来たようで、ここからが大事だと言うことをお知らせしておきます。

------------------

冒頭の公開部分はここまで

続きをお読みいただけるのは、この回のサイキックコヒーレントに参加された方のみです。

参加された方は、こちらからお送りしたメールをご確認ください。