レポート

2018年11月8日
新月のサイキックコヒーレント
ご報告

寺尾夫美子

2018年11月12日

レポート 冒頭より一部のみ

遠隔ヒーリング

今回は、15時半から行いました。

皆さんのエネルギーを確認し、浄化を始めると、直ぐ目の前で美しい観音様が立たれているのが見えました。

何も言葉はなく、ただただ皆さんの様子を見守る姿でした。

この観音様は、前回から現れて下さっている私にとってはお馴染みの導きです。

 

皆さんのエネルギーはいつもよりやや弱く、疲れが溜まっているようでした。

実際に自分は疲れていると実感するような疲労ではなく、日常の中で少しずつ蓄積された疲れ、

食べ物や生活態度などから、知らず知らずの内に溜まった「汚れ(けがれ)」のようです。

 

人間生きていれば毎日何らかの汚れを起こすものです。

それがこの物質次元を生きる宿命でもあり、それが肉体の劣化を起こす原因です。

この汚れが、いつもよりやや溜まり気味でしたね。

観音様の眼差しは愛に溢れていて、その眼差しが投げかけられるだけで汚れが取れる。

お陰様で、皆さんから発するじわじわとした汚れのエネルギーは、割合速やかに清められました。

波動調整

いつものように、夕方5時35分頃に、マラソン組から始めました。

最初は、1月から参加の年間マラソン組です。この皆さんの中には、しっかりと波動が保てるようになった方が多数見受けられました。

毎回真剣に取り組み、日々の肉体管理や心の取り組みなどを続けて下さった方々だろうと思われます。

見るからに波動の維持状態が良く、波動リエゾンがしっかりと効いていて、ご自身でも維持する地道な努力によって保たれたことが分かります。

逆に、波動が前回と同等かそれより落ちている人達は、自己改革への取り組みが少し弱くなっているのかも知れませんね。

忙し過ぎて自分に意識を向ける暇がなかった・・・のかも知れません。しかしそれは、自分にエネルギーを注がないと言うこと、自分を大切にしないと言うことです。

心あたりのある方は、ぜひ自分を大事にして自分を愛することに手を抜かないようにお願いします。

 

エネルギーの浄化や波動の維持は、日々こつこつと務めるもの。

あっという間に簡単にビックリするほど波動が上がる・・・などと、余程の神業がなければ起こらないものです。

また、神業が起こるときは、それなりのとても厳しい体験を乗り越えたときです。

せっかく神様が手助けしてくれている波動調整に、自分なりの努力をして臨んでいただけたら、どれだけサイキックコヒーレントの効果が染み渡るのか、ぜひやってみて欲しいと願います。

次に2月からの合流、3月から~と順々に行いましたが、皆さんはそれぞれのレベルである程度の波動維持が出来ていました。

ただ、1月から参加のフルマラソン組に見られる程の高い維持状態はありませんでした。

一年間の長丁場を、しっかりと決意して続けている人の方が、高い波動に至っていました。

単発の方々は、単発と言えども毎回参加の方が殆どで、毎回レポートしていますように、行動を起こす度にエネルギーの蓄積があり、波動を高める力は強かったです。

ただ単発の方にはリエゾンをしていないので、1回毎に波動維持が少し落ちる・・この繰り返しはもったいなかったです。

各人の今の状態を確認した後、全員の波動調整を行いました。

 

今回の皆さんは、柔らかでふわふわの風船のように見えました。

全員の集合意識に向けて波動を上げて行くと、そのふわふわ風船が柔らかな光を放ち始め、一個の生き物のようにゆったりと呼吸を始めました。

「皆さんの波動の底上げをする。」

そんな導きが聞こえ、皆さんが留まっている光の座標から数段上まで上げて行きました。

益々柔らかな光が増してきて、とても美しい光彩を放っていました。

 

さてどうしようか~と思うや否や、お馴染みの瀬織津姫が片手でさっとすくい上げ、抱えて光の方へ飛んで行かれました。

どこに行くのかとついて行くと、皆さんの光をお三宝のような器に乗せて差し出されたところが、伊勢の内宮のように見えましたので、多分天照大神様だろうと思われます。

*高次元に映しとしてある内宮です。地上ではありません。

それを確かめようとじっと見ていると、高次元から光が降りて来て次々に分身し、最下位分身は人間の姿になる様子を見せられました。

波動開きは、この逆を行くのだと示されたと分かりました。

瀬織津姫に(波動レベルの)皆さんを預けて波動調整を終えました。

冒頭の公開部分はここまで

続きをお読みいただけるのは、この回のサイキックコヒーレントに参加された方のみです。

参加された方は、フムアルフートからお送りしたメールをご確認ください。

​※参加された方で、メールが確認できない方は、ご連絡ください。>お問い合わせフォーム