1月13日 新月

  • テーマ概要

  • ​レポート一部

テーマ概要


どんな荒波でもどんな向かい風でも、決めたところに辿り着くために、人には進まなければならないときがあります。

嵐が起こっても突風にさらわれそうになっても、その志を果たすためなら意を決して動かなければならないときがあるのです。


私達の国は、今年否が応でも進むしかありません。

地球は、大きな波動の揺れを始めていて、これまでの小刻みな波動開きとは桁違いの影響が地上には現れてくるからです。


この時代に転生を決めた魂達にとって、その目的がいよいよ明らかになり、その役目が始まるときを迎えました。

地球の波動は、地球時間でこれから数年間、揺れに揺れて、しかし乱れず、ただただ真っ直ぐに神々の導きに従って開く。


「日本の活動期」は、日本が本来の姿を行動によって現すとき。

躍動的な活動を起こし、光が世界に広がる先導者となりましょう。




レポート一部


準備中