レポート

2018年11月23日
満月のフルフィルフロー

寺尾夫美子

2018年11月25日

冒頭より一部のみ公開

​参加された方にはメールにてご案内をお送りしました。

テーマ:「分かち合いと慈しみ」

満月時間:23日午後2時40分

皆さんへ

「満月のフルフィルフロー」ご参加ありがとうございました。

 

今回は、予定より早めに始めました。

そろそろ冬至への加速が更に速くなって来ていますので、皆さんが体と共に進めますように遠隔ヒーリングを事前に行うためです。

 

まず皆さんのエネルギーは、前回と比べとても軟らかくなっていました。

波動も静かに整っていて、年末に向けてあれこれとお忙しくされている方が多い中、魂磨きは順調に進んでいることが分かりました。

 

それを確認し、フルフィルフロー送信のために一気に高次元へ向けて上昇しました。

さて上がろうと思うやいなや、まるでロケットを発射させたみたいに、ひゅ~~っと高い波動領域まで「打ち上げ」られました。

ふわりと到着したのは、高次元との中間地点の中でもかなり上層部のようでした。

 

ここで目の前に富士山が黄金色に輝いて佇んでいるのが見えました。

実際の距離とは違いますが、せいぜい上空5000m辺りで眺めているような大きさに見えました。しかし、富士のあまりの神々しさからして、天上界の写しの富士を見ていたのではないかと思います。

富士山がフルフィルフローを見守ってくれていることが伝わって来ました。

このフルフィルフローの導きは、主に木花咲耶姫が担ってくれています。

今月の新月の際には、サイキックコヒーレントの瀬織津姫から引き継ぎをしてくれているのが見えましたが、こうして忘れず(神様が忘れることは基本ないですが)導きに現れて下さったのでした。

富士がこのように美しく佇んで居られることは、この国に棲まう私達の目覚めがある程度のところまで到達したからだろうと思われます。

「この先も「再び(噴火の可能性が出る)」がないように、しっかり努めて下さいな。」と応援をいただいた感じがありました。
※2013年に噴火の可能性が最大になっていた時期がありました。

 

フルフィルフローを開始し暫くすると、皆さんから汚れ(けがれ)がするすると浮上して来ました。

今回の汚れは、随分きめ細かく穏やかなものでした。

その感じは、皆さんの心の立ち位置が何段も上がったことを示していました。

低い波動領域での汚れは、もっとビリビリとしていて触ると痛いくらいになりますが、今回はピリピリ程度で、皆さんが精神的な深い部分の取り組みへと進んでいることが分かりました。

 

この違いは、実はとても大きなことで、ここまでの違いになるにはそれ相応の精神的な成長が進まなければなりません。

​・・・・

冒頭の公開部分はここまで

参加された方には、フムアルフートからメールをお送りしました。

​全文ページのパスワードをご確認ください。