レポート

2018年12月22日冬至
満月のフルフィルフロー

寺尾夫美子

2018年12月26日

冒頭より一部のみ公開

​参加された方にはメールにてご案内をお送りしました。

今回は、「サイキックコヒーレント冬至」と重なり、「サイキックコヒーレント」で行っている午後の遠隔ヒーリングの際に、「満月のフルフィルフロー」参加の皆さんも一緒に行いました。

 

内容はサイキックコヒーレントと同じなので、こちらにサイキックコヒーレント参加者向けのレポートを載せておきます。

 

■遠隔ヒーリング

2時50分頃から始めました。

 

一年間のマラソンを共に進んで来た皆さんとの、締めくくりとなる回ですので、いつもにも増して気合いを入れて始めました。

皆さんのお名前を確認し、さて始めようとすると、導きからフルフィルフローの皆さんも一緒にやるように促されました。

一旦遠隔を中断し、名簿を手に再度始めました。

両方を受けて下さっている方が多いのでお名前には重複もありますが、導きはあちらできちんと掌握していらっしゃるので良いようです。

 

総勢数百名のお名前を手に、一斉にエネルギーを送りました。

いつも行っているこれは所謂地上版のフルフィルフローです。

じわじわとエネルギーを送っていると、暫くするといつものように皆さんの中に溜まっている汚れたエネルギーの放出が始まりました。

 

皆さんは、ちょっとお疲れ気味のようでした。

何かに引っかかって抵抗したとか、肉体疲労が溜まっているとかなどではなく、劣化によるものです。

「制限を生きる」とテーマにあったように、制限を素直に受け入れ喜んでいれば劣化は疲れにならないのですが、無意識の内に制限に捕らわれてしまい、無理が利かなくなって汚れた・・・と言う感じです。

例えば、真っ白のシャツを、洗わずに何日か着続けると、全体的に薄黒く汚れます。ちょっとくたびれた感じもします。

しかし、しっかりと洗えばまた元の真っ白なシャツに戻ります。

これを、着る度に丁寧に洗う人の場合は、いつまでも真っ白で新品のようですが、何日も着続け、しかも雑にしか洗わない人の場合は、あっという間にばっちくなりますね。

 

皆さんは、疲れとか老化とか、劣化を当たり前に捉えているために、そうではない状態がもっと軽いところにあることを知らないだけだと思います。

無意識の内に雑にしている部分もあるのかも知れませんね。

個人差は大いにありましたが、多かれ少なかれこの制限に対する取り組み方は、これからもっと丁寧に気をつけて行わなければならなくなるでしょう。

波動が開いて行く。

それは、現実的に起こっている劣化と言う地上の特徴を逆手にとって、最大まで受け入れてこそ叶うこと。

​・・・・

冒頭の公開部分はここまで

参加された方には、フムアルフートからメールをお送りしました。

​全文ページのパスワードをご確認ください。